いぼ痔の原因

いぼ痔が出来てしまうのは、基本的に血行障害が原因とされています。肛門周辺や直腸に存在する静脈がうっ血し、血流が停滞してしまうことで血行障害が起き、いぼが出来ていぼ痔になってしまうというわけです。もちろん、血行障害以外の原因でもいぼ痔が出来ることはありますが、多くの原因は血行障害と言えるでしょう。血行を良くすることで、いぼ痔の予防・改善が見込めることは多いです。

血行障害が原因になるということは、つまり不規則な生活をして血行の悪くなる原因を作っていると、いぼ痔が出来やすくなるということです。過剰に体脂肪が増えるのも血流を阻害する原因となり得ますし、肥満は良くありません。要するに、生活習慣に難がある場合は、相応に血行障害も発生しやすくなるということです。いぼ痔の予防と同時に生活習慣病も予防するため、規則正しい生活を送るようにしましょう。

また血行障害以外でも、例えば便秘の状態に陥っているとき、無理に排便しようとして過剰にいきんでしまうことでも、いぼ痔が出来てしまうことはあります。外痔核の場合は肉眼で確認しやすいため発症を自覚しやすいのですが、内痔核の場合は肉眼での確認が難しいため発症を自覚しにくいです。発症が自覚できるのは、排便時などに出血を伴った場合などでしょう。

いぼ痔の原因は、基本的に血行障害であることが大半です。いぼ痔の予防・改善を望むなら、生活習慣は規則正しくするようにしましょう。



いぼ痔に関する基礎知識



【骨盤矯正ベルト・腰痛ベルト】コシラック
http://store.shopping.yahoo.co.jp/koshiluck/koshiluck-belt.html