内痔核とは

いぼ痔の種類の一つである内痔核は、発症数は外痔核よりも非常に多く、いぼ痔としては最も一般的と言われています。内痔核は肛門の直腸の境にある歯状線の内側に出来るため、患者本人が肉眼で確認することは、ほぼ不可能であると言えます。ただし排便時などに思い切りいきむなどすれば、内痔核が外側に出てきてしまうこともあるでしょう。また脱肛してしまった場合にも、内痔核は外に出てきます。

内痔核は肛門の内側に出来るもので、基本的に目に触れることはなく、また痛みも無い(あるいは非常に軽微である)ため、自覚症状の出にくい痔です。とはいえ、排便時に出血することが多いので、それに気付けば内痔核の存在を自覚することも出来るでしょう。また内痔核は悪化していくと肥大化していき、排便時にいきむことなどで肛門外へと飛び出すような形になってしまうこともあり、この時に気付く方もいます。

肛門外に内痔核が飛び出してしまった場合でも、まだ症状が軽微であれば、肛門内に内痔核を戻すことも出来ます。しかし症状が悪化していき、排便時などでも内痔核が飛び出るようになり、しかも内痔核が元に戻らなくなってしまうと、軽度の便失禁などを発症してしまうこともあります。その上、ここまで来ると痛みも激しくなり、出血も酷くなってしまうでしょう。

また、内痔核は進行していくと脱肛にまで及んでしまうこともあります。症状が軽いうちなら薬での治療も可能ですので、出来るだけ早期の発見を心がけましょう。