外痔核とは

外痔核もいぼ痔の種類の一つで、こちらは肛門の直腸の境にある歯状線の外側に出来るものです。そのため、患者本人が肉眼で確認することもできますし、抵抗がなければ触れることさえ可能です。内痔核は肛門の内側に出来て痛みもあまりなく自覚症状も少ないのに対して、外痔核は目視が可能であることもあって患者本人が自覚しやすいタイプのいぼ痔です。

外痔核に関しては、先述したように歯状線の外側にあり、目に付きやすいこともあって、外気に晒される可能性が高くなります。外痔核が肛門外に及んでしまった場合は、「血栓性外痔核」と呼称されるようになり、これが例えば下着などに触れるだけで激痛を引き起こしてしまう場合もあります。最も外気に触れやすい状態であるため、存在するだけで意識してしまうようになり、ストレスも溜まりやすいです。

内痔核と違って、外痔核はそこから脱肛などに派生していくこともなく、問題が起こりにくい痔ではあります。とはいえ、前述したように激痛を発症するケースもありますし、そういった痛み、また痛みによって引き起こされるストレスといった点に関しては、内痔核より問題となる場合もあるでしょう。特に血栓性外痔核は露出していることもあり、椅子に座るのも億劫になってしまうことがあります。

外痔核は、内痔核ほど問題になってしまうケースは少ないです。とはいえ、場合によっては激しい痛みも起こりますし、やはり出来るだけ早めに治療してしまうほうが良いでしょう。



いぼ痔に関する基礎知識



アプルウェイ
アプルウェイなら医療関係者向けの製品情報サイトで!