脱肛の危険性

脱肛というのは、肛門・直腸下部に存在する粘膜が肛門の外へと脱出してしまうことを言います。つまり「肛」門が「脱」出するため、脱肛というわけです。この脱肛が起こってしまう原因として、最も多く挙げられるのが内痔核なのです。他にも肛門括約筋の弱化、肛門手術後の後遺症などといった原因も挙げられますが、内痔核の悪化による発症数に及ぶべくもありません。

内痔核が悪化して大きくなると、肛門内に出来た痔核が肛門外に飛び出してしまい、これが脱肛となります。程度が軽微な段階であれば、指などで飛び出してしまった痔核を肛門内に押し戻すことは可能です。しかし症状が進行し、内痔核が重症化してしまうと、指で押し戻そうとしても戻らず、また強い痛みが出てしまうようになります。こうなってしまうと、緊急治療が必要となるでしょう。

脱肛した部位をそのままの状態で放置しておくと、患部が痛むだけでなく、感染症などを起こしてしまうこともあります。放置が続くと壊死してしまうケースもあり、更には患部が腐敗していくでしょう。発熱にまで至ると、身体に及ぼす悪影響は計り知れません。脱肛してしまうと、部位が部位だけに恥ずかしいと思ってしまう方もいらっしゃいますが、 治療は絶対に必要ですので、素直に病院へ行ったほうが良いでしょう。

脱肛の発症例として、内痔核の悪化は特に多いケースです。出来る限りの早期治療を目指し、早めに脱肛の危険を除外したほうが良いです。



いぼ痔に関する基礎知識



http://www.rearlive.co.jp/trunkroom/


アトルバスタチン
アトルバスタチンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

OPP袋・CPP袋・製造販売 どんなサイズも作ります!揃います!有限会社早川製袋http://www.sideseal.jp/