生活習慣の乱れ

規則正しい生活を送っていない場合、痔の発症率は非常に高くなってしまうでしょう。特に夜更かしなどをして生活習慣を乱してしまうと、血流が滞ってしまい、痔の原因となってしまいます。運動不足なども大敵で、全く運動していない人と定期的に運動している人とでは、全く運動していない人のほうが痔の発症率が高くなってしまいます。出来る限り、運動はするようにしましょう。

昨今では非常に多いケースとして、デスクワークを長時間続けることにより、同じ体勢を維持することで血流が滞ってしまうことが挙げられます。こうなると当然ながら痔に良くなく、また腰部から臀部(お尻)にかけての負荷も大きいため、肛門部に余計な負担を与えてしまうことがあります。例えば一時間おきに椅子から立ってストレッチするなどして、少しでも負担を和らげるようにしましょう。

生活習慣の乱れは血流の阻害に繋がるため、出来る限り改善しなければなりません。とはいえ、昨今の日本ではそれもなかなか難しい傾向にあります。特に仕事関係では、デスクワークの増加、一日で十時間以上のオーバーワークを強制されることもザラにあります。こういった状況があまり好ましくないのは確かですが、それでも何とか合間合間にストレッチを取り入れるなど、血流をスムーズにする努力をしましょう。

生活習慣の乱れは痔の発生だけでなく、生活習慣病の発症リスクもあります。出来る限り、生活習慣は乱れないよう注意しましょう。



痔の原因



アセタノール
アセタノールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ティアモ
ティアモを購入するなら当サイトで!