飲酒とタバコ

飲酒とタバコは、痔にとって非常に良くないものです。そうでなくとも飲みすぎ、吸いすぎは健康に良くありませんし、基本的には両方とも控えるべきものです。特にタバコに含まれているニコチンというのは、血行を非常に悪くしてしまう効果が報告されていますし、この性質は血流の病気とされる痔とは相性が悪すぎるのです。予防と改善、両方の観点から見ても、喫煙は避けるべきでしょう。

飲酒に関しては、実のところ痔にとって完全に悪いとは言えないのです。なぜなら、多少のアルコールは血行の改善を促進する効果もあるため、むしろ悪くないと言えるほどです。しかしながら、これが過剰な摂取になると話は別です。アルコールによって血管が異常に拡大されてしまうと、それが原因となって炎症が起こり、痔を発症してしまうこともあるのです。当たり前とも言えますが、飲酒は少量に留めておきましょう。一日でコップ一杯程度にするべきです。

タバコに関して、良い点は一つもありません。痔に悪いことはもちろん、肺などに様々な疾患を起こしてしまう原因にもなり得ますし、癌のリスクもあるのです。健康のことを考えるなら、喫煙は推奨される事柄です。特に痔を患っている方での喫煙は、悪化の原因にもなりますし、治療も長引いてしまうことになるため、絶対にやめてください。

過剰な飲酒と喫煙は、痔にとって大敵と言える存在です。痔の予防・改善を望むなら、禁酒と禁煙は絶対に必要となるでしょう。



痔の原因



ナースシューズ 外反母趾
ナースシューズの外反母趾なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!