辛味など刺激物の摂取

辛口のカレーや唐辛子など、刺激物を摂取しすぎることは痔のリスクを上げる原因となり得ます。特に唐辛子というのは厄介で、刺激物としての成分も含んで体内に吸収されない成分が非常に多く、そのため便としてそのまま肛門粘膜に悪影響を及ぼしやすくなるのです。肛門粘膜はこういった刺激物に非常に弱く、痔になりやすい人だと簡単に肛門部で炎症を起こしてしまうのです。

辛味に関して、適量であるならば血行促進の効果がありますし、摂取そのものが悪いとは言えません。しかしながら、明らかに尋常でない辛さ、例えばカレー店などで見るような辛さ十倍カレーなどになると、リスクが出てきます。特に無理をしなければ辛いものを食べられないというような方は、刺激物そのものに弱い傾向があるため、無理をして辛味を口にしてはなりません。

基本的に辛味を出すための材料として、唐辛子はよく使われます。そのため、辛いものの多くには使用者が知らずとも唐辛子が使われていることもあり、痔などのリスクを避けるために唐辛子を避けていたとしても、いつの間にか口にしているということも少なくありません。特にお店などでは、唐辛子はよく使われるものですし、知らない内に口にしていることもあるでしょう。

とはいえ、あまりにも異常な辛さを求めなければ、そこまで神経質になることはありません。唐辛子にしても少量なら問題ありませんし、血行を多少良くするためなら、無理の無い範囲で辛味の摂取をするのも悪くないでしょう。



痔の原因



白衣 通販
白衣の通販なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

イムシスト
イムシストなら医療関係者向けの製品情報サイトで!