血栓性外痔核

血栓性外痔核というのは、いぼ痔の一種であり、最も痛みを伴いやすい痔といえます。歯状線の外側にできる外痔核ですが、この外痔核に血栓が生じると肛門外にいぼができ、それが腫れてしまい、出来てしまった血栓性外痔核に触れたりすると痛みが起こるのです。しかも悪いことに、ただ単に肛門部へ力を入れようとしただけで鈍痛の起こることがあり、非常に厄介な状態です。

問題になりにくい性質を持つ外痔核ですが、血栓性外痔核となれば話は別です。痛みは非常に大きく、それによって引き起こされるストレスも相当なもので、放置しておくと症状は悪化していくばかりです。肛門の周囲に現われた血栓が破れると、出血してしまうこともありますので、出来る限り早めの治療が望まれるでしょう。血栓性外痔核の存在に気付いたら、早めに診察を受けましょう。

早めの診断が望ましい理由は、重症化しないうちに早期治療を行うためです。症状が軽度の場合は、坐薬や軟膏などを使用することによって、症状を抑えながら治療していくことが可能なのです。しかし重症化していて、坐薬や軟膏などでは効果が見込めない場合は、少しばかり強めの薬を使わなければなりません。抗炎症薬を始めとし、消炎鎮痛薬・消炎酵素薬などの投薬が必要となるでしょう。

血栓性外痔核は、多大な痛みを伴う厄介な痔です。あまりにも治りが遅く投薬での治療が見込めない場合は、手術をするケースもありますので、出来るだけの早期発見・早期治療を目指しましょう。



様々な痔の種類
痔と関係の深い疾患



学会ポスター
学会ポスターならディプリーズ楽天市場店で!

アラバ
アラバなら医療関係者向けの製品情報サイトで!