癌との関連性

痔を発症した場合、多くは出血を伴うでしょう。この出血が曲者で、痔を発症している最中、万が一にも大腸癌などを発症していると、その大腸癌の発症に気付かないというケースも多いです。大腸疾患であれば排便時の出血を伴うケースも多いですが、その中でも大腸癌を発症している場合というのは危険で、癌という病気の性質上、早期発見できなければ症状が進行して最悪のケースに発展してしまうこともあるのです。

基本的に血というのは、出血したての状態は赤色になっております。しかしそこから時間が経つごとに変色していき、徐々に黒味をおびて、赤から紫、紫から黒色へと変化していきます。ですので、痔による出血の場合だと、基本的に出血したてとなりますので赤い血が流れます。しかし大腸疾患による出血だと、出血から時間が経つこともあり、排便時に黒い血が出るでしょう。痔による出血か大腸疾患による出血かを推測する際、血の色は重要な手がかりとなります。

痔によって大腸癌の発症がわかりにくくなるだけではなく、穴痔(痔瘻)などの場合、そこから発展して痔瘻癌になってしまうケースもあります。穴痔に関しては、とにかく放置することなく、早めの診断と治療の開始を心がけるべきでしょう。症状が進行すれば進行するほど、治療も難しくなります。

排便時の出血は、素人判断で痔によるものと断定するべきではありません。大腸疾患を疑って、医師による正確な診断を受けるようにするのが確実です。



様々な痔の種類
痔と関係の深い疾患



ナースサンダル
ナースサンダルならユニフォームのオンラインショップ e-UNIFORMで!

アンカロン
アンカロンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!