U度

U度の状態になると、T度の状況に比べると発症に気付きやすくなります。というのも、肛門内に隠れている内痔核が、U度にまで進行すると外へ出てくることがあるからです。基本的には排便時など、肛門外へといぼ痔が押し出されることになるでしょう。その後は自然に肛門内へといぼ痔が戻ってしまうため、目視が遅れれば気付きにくいかもしれませんが、それでも肛門外にいぼ痔が出たという感覚を覚える人がほとんどのはずです。

通常ならいぼ痔が肛門外に出てしまうことで、ほとんどの患者さんは内痔核の存在に気付くはずなのですが、気付かない人は本当に気付かないこともあります。やはり痛みのないことが決定的な原因なのか、何か違和感は覚えるけれどあまり気にしない、という方も確かにいらっしゃるのです。できることなら、少しでも違和感を覚えたら確認してみたほうが良いでしょう。

U度の状態でもT度の状態と同じように出血はしますので、違和感を覚えて確認する時に発症には気付くものです。しかしながら、いぼ痔は自然に肛門内へと戻っていき、しかも痛みはないため、あまり重要視しない方がいるのも事実です。しかしながら、症状が進行すれば治療も難しくなりますし、やはり診察は受けたほうが良いです。軽視するのは危険と言えるでしょう。

U度の状態でも痛みは感じにくいため、発症を自覚しても診察を見送る方は意外と多いです。しかし決して軽く見ず、早期治療を目指して専門医の診断を受けたほうが良いでしょう。



いぼ痔の進行度



クエストラン
クエストランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!