嵌頓痔核

嵌頓痔核(かんとんじかく)というのは、内痔核が肛門外へ脱出してしまった際に発症する病気です。脱出してしまった内痔核が肛門内に戻らず、肛門の括約筋で締め付けられてしまうため血栓ができ、多大な痛みを生じる状態です。内痔核で痛みを発する状態といえば、ほとんどがこの嵌頓痔核を発症している状況のことで、出血も見られるため早急な治療が必要となります。

嵌頓痔核を発症した場合は、無理に肛門内へ内痔核を押し戻そうとしてはいけません。そうすることによって余計な刺激を与えてしまい、症状が悪化し、治療が困難になったり痛みが増えたりしてしまうこともあるのです。この状態になったら、出来る限り早めに専門医へと診せることが重要となります。痛みが激しいため、早めに治療してしまわないと、精神的にも疲れてしまうでしょう。

嵌頓痔核に関しては保存的療法という、つまり人体を傷つけず出血もさせないように治療する方法を取られることが一般的です。基本的には患部を清潔に保ちつつ、医師によって症状に応じた軟膏や抗炎症薬などの処方をしてもらい、徐々に治療していくのです。しかしながら内痔核の症状が大いに進行してしまっている場合は、嵌頓痔核の状態でそのまま一気に手術してしまうこともあるのです。

嵌頓痔核は多大な痛みを生じますので、できるだけ早めに専門医の診察を受けるようにしましょう。早期に治療を進めることができれば、治療効率も大幅に上昇します。