切れ痔の治療法

切れ痔に関しては、まず切れ痔となってしまう原因を排除しない限り、慢性化してしまいやすいのが特徴です。最初に求められるのは、原因の究明でしょう。例えば肛門狭窄(肛門が狭くなる症状)を引き起こしているのが原因なら、肛門狭窄を治療することから始まります。そしてその後、傷ついてしまった肛門部の治療を始めることになるでしょう。

切れ痔はいぼ痔などと違って出血量が少なく、排便後にトイレットペーパーなどで肛門部を拭いた際に出血の存在に気付く程度のものです。しかしながら排便時に伴う痛みは他の痔よりも大きく、切れ痔の発症に気付くのは容易でしょう。発症に気付いたら、早期に治療を開始することが必要です。放置して悪化などしてしまえば、穴痔を誘発してしまう原因にもなりかねないのです。

切れ痔の治療は、とにかく肛門周り(患部周辺)を清潔に保つことから始まります。排便後の入浴が最も理想的ですが、それが難しいという場合は、ウォシュレットなどで肛門部を洗浄するのが良いです。また入浴時に肛門を清潔にする際、あまり力を入れて擦りすぎるなどしてしまうと、悪化の原因となるので注意してください。優しく揉みあげるように、刺激の少ない石鹸などで洗浄するのが効果的です。

切れ痔の治療は、まず原因の究明と排除から始まります。切れ痔が慢性化すると肛門狭窄が起こってしまうこともあるため、十分に注意してください。大前提として、肛門周りを清潔に保つことも忘れてはなりません。



痔の予防法と治療法



インタール
インタールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

エアコンクリーニング 大垣
エアコンクリーニングを大垣でならまごころ便利屋スマイルで!