穴痔の治療法

穴痔は痔の中でも、治療が最も厄介であるとされています。なぜなら穴痔には薬剤の内服・塗布などによる治療法がなく、そのため手術による治療を施すしかないからなのです。軽度の段階であるほど手術も軽くなりますが、重症化してしまうと相応に手術も困難となり、大手術の様相を見せることがあります。こう聞くと恐ろしく思えるでしょうが、自然治癒は出来ない特徴を持っているため、早期発見は重要となるのです。

手術を恐れて診察を先延ばしにするのは、最も危険です。放置していると穴痔の原因である瘻管が網目状になって複雑化してしまったり、既に出来ている瘻管以外にも瘻管が新たに作られてしまったりと、治療の難度が上昇してしまうのです。そうして複雑化してしまった瘻管というのは手術が難しくなるどころか、手術そのものが不可能になるまで発展してしまうこともあるのです。

穴痔の手術法は、瘻管開放切開術と肛門括約筋温存手術の二種類があります。初期段階であるT度と軽度のU度なら開放切開術が適応され、発症部の根深いU度から最終段階のW度までにかけては、肛門括約筋温存手術が適応されます。切開開放術は難度の高い手術で、手術時に誤って肛門括約筋を傷つけられると後遺症などが出ることもあります。肛門括約筋温存手術は、瘻管の出入り口を閉じてしまう手術です。

現代ではこういった手術法も、患者に負担をかけないことに着目され、医院によっては色々な工夫を凝らしているところもあります。



痔の予防法と治療法



イモバックス
イモバックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!